今ではすっかりレビトラの虜!あの時知ったED治療薬

レビトラとジェネリックの比較

ED治療薬とは、男性の勃起をサポートする飲み薬になります。
つまり、元気にそして立派な勃起を起こしている人には必要のない薬です。
この薬を必要とするのは、生理病の1つとされる「ED」を発症している人。
この病気は「勃たない・・・」だけでなく、行為中に「硬さを持続できない・・・」と苦しんでいる人も含まれます。
そこで、ここからはそういった苦しみから解き放ってくれる、ED治療薬でも特に人気の高い「レビトラ」をご紹介。
レビトラは、もっともの特徴とされるのが効き始めの早さ、つまり「速効性」です。
服用してから効き始めを実感するまでにかかる時間は僅か15分とされ、あっという間に症状を改善させることができます。
また従来までは空腹服用が必要だとされてきましたが、食事をした後からの服用でも構いません。
これは、大きな改善点となっています。
約700kcalまでの食事は、腸からの成分吸収を妨げないとしているので、パートナーと食事を楽しんでからでも勃たせることが出来ます。
悪い意味で特徴となるのが、「価格」。
ED治療薬は、国内処方に保険の適用はありません。
つまり、処方された分のすべてが自費での負担となっています。
レビトラは1錠が10mg1500円。
20mgで1800円となっています。
かなり高額なので、継続しての服用は難しくなる人が多いです。
そこでオススメなのが「バリフ」や「ジェビトラ」です。
これはジェネリック医薬品になり、同じ成分「バルデナフィル」が含有される薬です。
効果などは成分が同じである以上、変わることはありません。
ジェネリック医薬品の大きなメリットは、その価格です。
1錠が200円ほどで購入できるので、90%OFFに近い金額で購入できます。
ここまで薬価を下げることができれば、きっと継続した治療が行えるはずです。
こういったジェネリック医薬品は、国内での販売は行われていませんが、海外通販でカンタンに購入することが出来るので、気になる人はネットで検索してみて下さい。